西東京市いこいの森公園でインラインスケートを楽しもう - いこいの森ファンスケート

しっぽ取りゲームのルール概要(いこいオリジナル版)

投稿ツリー

  • なし しっぽ取りゲームのルール概要(いこいオリジナル版) (ゲスト, 2017/6/4 11:18)

このトピックの投稿一覧へ

なし しっぽ取りゲームのルール概要(いこいオリジナル版)

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/6/4 11:18
ゲスト 
初心者教室スタッフのnakoです。

前回の初心者教室で初めて実施して好評だった、しっぽ取りゲームについて改めてルール概要を載せようと思います。次回の参加の参考にしてください。

また、この内容についてはしっぽ取りゲームの元祖である大蔵運動公園のタグダービーを参考にさせていただきました。


1.鬼は一人以上若干名とし、いこいでは上級クラスに参加した人がそれにあたります。 他の参加者から制限時間内まで逃げ切るのが役目です。

2. 鬼以外の参加者は鬼を捕まえる役になります。参加人数は、いこいでは基礎クラスを1チーム5〜6名で3チームに分けて参加します。(チームの分け方は、幼稚園・小1〜3・小4以上などその日の参加者人数で臨機応変に編成します)。

3.コースは、フラットエリアにいこい臨時周回コースを設け、そこを反時計回りの一方通行でゲームを行います。

4.鬼は、しっぽを付けてコースに入ります。(ズボンに挟んで付けます)

5.鬼の半周先に鬼を捕まえるチームがコースに入ります(それ以外の人は、コースのパイロン内で待機します)

6.スタートの合図後、鬼のしっぽを2分以内で取ったら鬼の負け、逃げ切ったら鬼の勝ちとします

7.注意点として、(1)参加者は全員互いの体には一切触れてはいけません、(2)コースを逆走しては、行けません、(3)待ち伏せはありです

以上でいったんルールを作成しましたが、今後皆さんの意見も取り入れながらいこい独自のゲームとして発展できればと思います。

では、次回の初心者教室でお待ちしております。
 
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名
ゲスト名
投稿本文

  条件検索へ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローお待ちしております
JISSA